S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

彼岸花

JUGEMテーマ:趣味


世田谷城址公園にヒガンバナがたくさん咲いていました。 彼岸が近づくと不思議なことにそろって咲き始めます。








ヒガンバナは種を作ることが出来ず、球根だけで増えていきます。
中国の揚子江周辺が原産地とされ、日本に伝わったわずかな株が全国に広がったそうです。 どこにでも普通に見られますが、自然に増えたのではなく、人の手によって植えられていった そうです。
同じ系統のものが増えていったので(つまり、ソメイヨシノと同じようなクローン)、
彼岸のころに一斉に咲くそうです。



ヒガンバナには、リコリンという有毒物質が含まれていますが、球根にはデンプンが多いので 飢饉のときに非常食とするために人家のそばに植えられていきました。
繰り返し水にさらすことで、毒を取り除くことができるそうです。


最近は、リコリスという名前で、ピンク、白などの園芸種も出回っています。


参考: 『身近な雑草の愉快な生き方』 稲垣栄洋  ちくま書房         
   
    
    『毒草を食べてみた』  植松 黎   文春新書






             

《 裕 》

コメント
コメントする